« 「金を借りろ」と微笑む美女 | Main | 日航に日本を思う »

June 15, 2009

公務員の給料

日本経済新聞の報道によれば、全国の自治体の1割で職員の平均年収が700万円を超えており、民間事業所の全国平均である486万円を下回っていたのは15市町村だけらしい。
公務員の給料が高すぎるというのは、以前から言われ続けている。そもそも公務員の給料の適切な金額とは幾らなのか。その背景にある公務員の給料を決める仕組みが適切なのかこそ議論すべきだ。
国家公務員の給料は人事院勧告で、地方公務員の給料は人事委員会勧告に基づいて決められる。この勧告は、民間の給与水準について毎年調査し、公務員の給与水準と比較して均衡させる事になっている。だが、毎度非難の的になるところからして、恐らく市民の目から見れば均衡していない。
だとすれば、市民感覚として許容できる給料を決める仕組みを模索しては、どうか。規模や平均年齢の差に関係なく民間事業所の全国平均に自動的に一致するものにするか。適切だと思う金額を住民が投票して決めるか。いっそ、公務員には最低賃金だけしか払わないようにするか。給料が低すぎれば優れた人材は集まりにくいが、高ければ必ず優れた人材が集まる訳でもないのは現状のとおりだ。
貴方に決定権があるとすれば、公務員の給料は、どう決めて幾ら払うか、考えてみてほしい。

|

« 「金を借りろ」と微笑む美女 | Main | 日航に日本を思う »

Comments

どうも、ご無沙汰島倉千代に八千代にです。
m(_ _)m

公務員の給料・・・間違いなく高杉晋作。
どうしても今現在の給料を維持したいというのならば、少なくとも 今の三倍の仕事をこなして欲しいものです。というか、必須です。
如何すればよいか→公務員も早々にリストラすれば良いだけの話です。単純に人員を3分の1に削減で事は済みます。

因みに市民税なんて半分でいいと思います。
金を与えると、すぐ市民をアルバイトで雇うからです。 独断以上。

一ヶ月以上前の記事にコメントしてしまいました、スミマセン。

Posted by: もじょきち | July 21, 2009 at 10:49 PM

ものすごくお久しぶりです。

公務員の給料に関して自分に決定権があるとしたら。
四の五の言わせずに、成果主義を導入しますね。

公務員の仕事は成果を評価しにくい、とも言われますが、
成果主義で給料を決められている研究職の自分に言わせれば、
そんなのはモチベーションが低い人、
現状に甘えたい人のエクスキューズに過ぎませんね。

Posted by: 松沢直樹 | October 17, 2009 at 12:08 AM

皆さん、すいません。
レスが遅れに遅れまくりました。

>もじょきちさん
大部分の職員はもっと仕事をこなしてほしいと思います。
ただ、総数削減は福祉や治安の面で人不足も言われていて、少し疑問です。

>松沢くん
成果主義はごくごく僅かながら導入されてるよ。
評価基準も問題だけど、そもそも平均値に幾らの給料を払うのかが第一の問題だと思う。

Posted by: 哲人30号 | November 15, 2009 at 09:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62010/45352273

Listed below are links to weblogs that reference 公務員の給料:

« 「金を借りろ」と微笑む美女 | Main | 日航に日本を思う »