« Takako Matsu Concert Tour 2010 Time for music | Main | 基地がいらないのは、沖縄か、日本か »

April 07, 2010

利便性という危険性

金融機関が、生体認証やインターネットを活用して書類や印鑑を省略する動きが広がっている。ネット専業のじぶん銀行では、本人確認書類を携帯電話のカメラで撮影して送れば、すぐに口座が開設できるらしい。
今までの形式的な紙文書のやり取りや誰でも買える印鑑の方が、安全で固執すべきだとは思えないとしても、省略する事によるリスクはないのだろうか。
だが、技術の進歩で安全性が高まったとしても、安易に利便性だけ追求する先にも落とし穴はある。匿名性の高いインターネットの普及により、爆弾の作り方の情報や差別的な言葉がネット上で垂れ流されている。携帯電話やATMの普及により、振り込め詐欺という新しい犯罪が生まれるとともに検挙も難しくしている。
利便性は、善意の市民だけでなく、悪意の市民にも同様に魅力的だ。善意の市民も、完璧な市民ではない。車の存在が交通事故や飲酒運転を発生させ、コンピューターの存在が人々のコミュニケーションを変質させた。
便利である事の全てが悪ではない。もう私達は自動車もコンピューターも捨てられない。
でも、一体、どこまで便利でなければいけないのか。その便利さは、そこに孕む危険を受け入れてまで追求する価値があるのか。便利さが即ち悪ではないとしても、不便さもまた悪ではないのだ。

|

« Takako Matsu Concert Tour 2010 Time for music | Main | 基地がいらないのは、沖縄か、日本か »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62010/48026723

Listed below are links to weblogs that reference 利便性という危険性:

« Takako Matsu Concert Tour 2010 Time for music | Main | 基地がいらないのは、沖縄か、日本か »