« June 2013 | Main | October 2013 »

August 17, 2013

平和を語るなら加害者の視点も

毎年8月はメディアで戦争特集が組まれ、原爆やら空襲やら沖縄戦やら日本人の悲劇が紹介されて、だから、平和が大事だと主張される。その全てを否定するつもりはない。
ただ、違和感を覚えるのは、その論法が「日本人=被害者」だから「平和」を、に終始する事だ。戦争は大抵、一方的に殺されるものではなく、殺し、殺されるもの、つまり、殺し合いである。この際、戦争責任の有無とか南京大虐殺の真偽とかは別として、右翼でも左翼でもそれ以外でも、先の戦争で日本人が敵国人を殺している事は、日本人が敵国人に殺されているのと同様に異論はない筈だ。ところが、8月にそれが語られる事は少ない。
被害者になる悲劇と同等に、加害者になる悲劇を直視しなければ、平和の実現は難しいのではないだろうか。被害者論だけを振り回せば、自分自身を振り返る事なく「加害者」側を糾弾するだけで進歩はない。加害者論だけを振り回して、自分達を卑下するだけでも同じだ。戦争による被害は、日本国民だけでなく他国民にもあって、戦争による加害も、他国民だけでなく日本国民にもある。
8月に平和を語るなら、加害者の視点も持ちたい。どう悲劇的に「殺された」か、どう悲劇的に「殺した」か、その双方を知ってこそ、私達は戦争という名の殺し合いを避けるために真剣に考える事ができる。そう思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2013

96条より41度

暑い。何とかしなきゃ。
猛暑に伴う国民的・国家的損失は、生命・健康から経済まで見逃せない。憲法改正その他の議論も結構だが、例年の気温上昇や局地的豪雨の頻発への具体的対策がもっと議論されてほしい。地球規模の気象変化だから一政府でできる事は少ないとか、二酸化炭素の増加や都市化だけが理由とは科学的に証明できないとか、そんな御託を並べてる余裕はない。しかし、メディアで話題になるのは今日は何度まで上がったとか何ミリも降ったとかばかりで、政治の議論と言えば憲法第96条等の改正や消費税増税、日中韓の歴史・領土問題だ。
41度まで気温は上昇しているのに、何か対策が講じられる様子は見えない。緑に覆われた土地に行くと、それがあるだけで如何に気温が変わるか実感する。それなのに、周りを見渡せば相変わらず地域活性化の為の再開発とか称して緑や水面は失われ、アスファルトで地表が覆われ、高層ビルで風の道が遮られる。国土を強靭化したいなら、自然を押さえ込むのではなく自然が荒れ狂わずに済む余白のある都市をつくる事が必要だ。
憲法改正や歴史問題が重要でないとは言わない。だが、全国民の生活に影響が及ぶ広範性と緊急性は、暑さ対策とどちらが上か考えるまでもなく分かる筈だ。憲法改正より、さっさと日本を冷やせ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

知られざる日常と本音

「unknown.pdf」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2013 | Main | October 2013 »