« July 2016 | Main | January 2017 »

September 26, 2016

シン・ゴジラ

現代日本に出現したゴジラを前に、内閣官房副長官(長谷川博己)やアメリカ大統領特使(石原さとみ)らの対応を描く。『エヴァンゲリオン』の庵野秀明と『進撃の巨人』の樋口真嗣が総監督と監督を務めた話題のゴジラ映画。
様々な批評で言われている通り、災害シミュレーション的な会議映画だ。それでいて他で言われているほど硬派でもなく、半端に長谷川博己や石原さとみら主演俳優も描こうとする。そもそも怪獣映画なら、ゴジラが画面に初登場する場面には、もっと盛り上がりが欲しい。特に二度目の上陸に何の演出もなかったのは拍子抜けした。
経口投与やら何やら細かいツッコミは多くの方々が指摘しているので、ここでは省略する。
災害シミュレーションの映画にするなら、割り切って徹底的にそういう映画にした方が刺激的だった。本気でシミュレーションするなら、あんな早口で会議は進んでくれないし、準備する書類も膨大だ。あれだけ多くが避難して被害もあれば、そんな影響だけでもパニック映画になる。異色映画『大怪獣東京に現わる』のように怪獣が画面に登場しないのはやり過ぎとしても、ゴジラはテレビ映像だけで机上の会議の空転が続く方がよほど現実的だ。
ところで、本作で最も違和感があったのは石原さとみである。彼女の演技ではない。彼女を起用したことだ。アメリカ大統領特使の役なら、アメリカの俳優を使ってほしい。ゴジラ映画なら出てくれる俳優はいただろうに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2016 | Main | January 2017 »