« 東京から考える 格差・郊外・ナショナリズム (東 浩紀) | Main | 檸檬のころ »

July 28, 2018

めぐみ-引き裂かれた家族の30年

1977年、いつものように学校へ出かけた当時13歳の横田めぐみが忽然と姿を消した。両親は娘を探し続け、遂に北朝鮮拉致問題に辿り着く。
クリス・シェリダンとパティ・キム夫妻の監督が、北朝鮮拉致問題を採り上げたドキュメンタリー。
思い入れの強さが感じられる映画だ。そこに共感を覚える観客は感動するだろうが、以前から横田夫妻が生理的に苦手な自分は、打楽器中心の音楽の多用、めぐみ氏や家族が美人や善人なことが何度も言及されること、家族会が自民党前で拡声器を使って「バカヤロー」と叫んだりすること、北朝鮮と交渉する小泉総理を増元氏が「プライドがない」と非難すること、それらが共感を妨げてしまう。地村保志氏と両親のエピソードの方が感動した。
もっと淡々と描かないと、映画としては少し鬱陶しく感じられる。拉致問題を知らない外国向けの広報映画としてはいいが、純粋なドキュメンタリー映画としては良い出来ではなかった。
念のため言っておくが、自分は拉致問題を放置しろと言っているのではない。北朝鮮の非道は非難されるべきで、この問題を軽視してはいけないのは当然だ。ただ、だからと言って、兵士を拉致されたイスラエルがレバノンを爆撃したように、日本が北朝鮮を攻撃するわけにはいかない。少し頭を冷やした議論が必要だと自分は思う。

|

« 東京から考える 格差・郊外・ナショナリズム (東 浩紀) | Main | 檸檬のころ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62010/66995695

Listed below are links to weblogs that reference めぐみ-引き裂かれた家族の30年:

« 東京から考える 格差・郊外・ナショナリズム (東 浩紀) | Main | 檸檬のころ »