August 17, 2013

平和を語るなら加害者の視点も

毎年8月はメディアで戦争特集が組まれ、原爆やら空襲やら沖縄戦やら日本人の悲劇が紹介されて、だから、平和が大事だと主張される。その全てを否定するつもりはない。
ただ、違和感を覚えるのは、その論法が「日本人=被害者」だから「平和」を、に終始する事だ。戦争は大抵、一方的に殺されるものではなく、殺し、殺されるもの、つまり、殺し合いである。この際、戦争責任の有無とか南京大虐殺の真偽とかは別として、右翼でも左翼でもそれ以外でも、先の戦争で日本人が敵国人を殺している事は、日本人が敵国人に殺されているのと同様に異論はない筈だ。ところが、8月にそれが語られる事は少ない。
被害者になる悲劇と同等に、加害者になる悲劇を直視しなければ、平和の実現は難しいのではないだろうか。被害者論だけを振り回せば、自分自身を振り返る事なく「加害者」側を糾弾するだけで進歩はない。加害者論だけを振り回して、自分達を卑下するだけでも同じだ。戦争による被害は、日本国民だけでなく他国民にもあって、戦争による加害も、他国民だけでなく日本国民にもある。
8月に平和を語るなら、加害者の視点も持ちたい。どう悲劇的に「殺された」か、どう悲劇的に「殺した」か、その双方を知ってこそ、私達は戦争という名の殺し合いを避けるために真剣に考える事ができる。そう思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2013

96条より41度

暑い。何とかしなきゃ。
猛暑に伴う国民的・国家的損失は、生命・健康から経済まで見逃せない。憲法改正その他の議論も結構だが、例年の気温上昇や局地的豪雨の頻発への具体的対策がもっと議論されてほしい。地球規模の気象変化だから一政府でできる事は少ないとか、二酸化炭素の増加や都市化だけが理由とは科学的に証明できないとか、そんな御託を並べてる余裕はない。しかし、メディアで話題になるのは今日は何度まで上がったとか何ミリも降ったとかばかりで、政治の議論と言えば憲法第96条等の改正や消費税増税、日中韓の歴史・領土問題だ。
41度まで気温は上昇しているのに、何か対策が講じられる様子は見えない。緑に覆われた土地に行くと、それがあるだけで如何に気温が変わるか実感する。それなのに、周りを見渡せば相変わらず地域活性化の為の再開発とか称して緑や水面は失われ、アスファルトで地表が覆われ、高層ビルで風の道が遮られる。国土を強靭化したいなら、自然を押さえ込むのではなく自然が荒れ狂わずに済む余白のある都市をつくる事が必要だ。
憲法改正や歴史問題が重要でないとは言わない。だが、全国民の生活に影響が及ぶ広範性と緊急性は、暑さ対策とどちらが上か考えるまでもなく分かる筈だ。憲法改正より、さっさと日本を冷やせ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2010

「自由」だけでは済まされない

児童ポルノ根絶を目的に掲げたネットブロッキングや、青少年の健全育成を目的に掲げて漫画等での表現を「非実在青少年」として規制する東京都の条例案が、議論になっている。反対論者の主な根拠は、表現の自由や検閲への危惧だ。一方、差別発言等を規制する法律案が語られると、賛否の論者は逆になるが、これも反対論者の主な根拠は、表現の自由や検閲への危惧である。
いずれの課題についても、反対論者の主張に対して思うのは、それなら、このままでいいのか、という事だ。
法律論や原則は分かるし、それを無視していいとは言わない。しかし、根本的な問題は、何らかの対策が求められる、或いは求められると一部の国民が感じる状況がある事なのだ。現実に、児童ポルノはネット上で見られるし、巷の漫画等には良識を疑う性表現が見られ、公人をはじめ世間では相変わらず差別発言が頻発している。
本来、求められる議論は、規制に賛成か反対かだけではなく、何らかの対策の要否、対策が必要であれば、それは規制か他の手段か、ではないだろうか。
ろくでもない国家による規制しか方法がないかは別としても、「自由」を掲げるだけでは状況は改善しない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2010

「サラリーマン」は敗北じゃない

  「サラリーマン」という職業は、敗北だろうか。とかく映画やテレビは、普通の会社員などの「サラリーマン」という職業を屈辱的で夢のないつまらないものの象徴として否定的に扱い、主人公が「サラリーマン」を辞めて芸術や起業の道を目指す人生ばかりを光り輝くものとして描きたがる。確かに「サラリーマン」生活をつまらなくて嫌だと思う事は多い。日々、辞めたくなる。しかし、だからと言って、「サラリーマン」自体を否定しようとは思わない。
 世の中には必要な仕事がある。「サラリーマン」が一人もいなくなったら、人々の生活は一日として成り立たない。それぞれの仕事の中に、それぞれの夢がある。「サラリーマン」の仕事にも他人を感動させる瞬間があるし、自分自身を満足させる瞬間もある。それに、芸術や起業の道が「サラリーマン」生活と違って、社会のしがらみや不条理から無縁な訳でもない。本やCDを世に出すにも、市場経済や人間関係が必ず絡んでくる。
 現実を否定して逃避しようとしたところで、世の多くの人々は「サラリーマン」として生きていく。「サラリーマン」である事がいけないのではない。どんな「サラリーマン」であるか、あろうとするが大事なのだ。働けば働くほど、うんざりするほど続く嫌な事に埋もれて諦めて、自分の気持ちを死なせないでほしい。作り話の世界ではない現実の人生で光り輝くかは、どんな職業に就くかではなく、どう働くか、どう生きるかだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2010

必要な職業に必要な賃金を

介護サービスを担う人材が足りない。インドネシアとフィリピンからの人材受け入れが始まったが、課される試験の合格率は約1%に過ぎず、規制の緩和を求める声が強いらしい。
介護を受ける側が満足できるなら、介護士が日本人でも外国人でもいい。素直に賛成できないのは、外国人を受け入れようとする側が、外国人を日本人より安い労働力として見て、そこにこそ魅力があると考えている事だ。外国人の流入を進めようとする声が、その理由に日本の少子高齢化に伴う労働力の減少ばかりを挙げてくる事だ。
日本における外国人の価値は、安い労働力でしかないのか。一方で、失業者の増加や若者の就職難が問題になっている。そもそも介護サービスを担う人材が足りないのは、仕事の厳しさの割に給料が低いせいだ。福祉の世界に生きるのを志す日本人も少なくないが、家族を養えない賃金の低さにやむなく辞めていく。
問題の根幹は、低い賃金で雇えるのが外国人しかいない事ではなく、社会的に必要な職に就業する人に対して十分な賃金を払えていない事だ。外国人なら日本人より低い賃金でいいという考え方は間違っている。
労働者が日本人でも外国人でも、不合理な低賃金を固定化させてはならない。支払われるべき金が支払われずに、どこかで浪費している。それは政府かもしれない。企業かもしれない。自分や貴方かもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2010

基地がいらないのは、沖縄か、日本か

米軍普天間基地移設問題は議論が混乱している。
移設候補地に挙がっている鹿児島県の徳之島で行われた大規模な反対集会が報道されているが、沖縄でも鹿児島でも近隣に住民が生活している土地であれば、軍事基地の移設を大歓迎する筈もなく分かりきった事だ。乱暴に言えば、民意を気にしていたら日本の狭い国土に軍事基地は置きようがない。
沖縄の人は県外移設ができれば鹿児島でも東京でもいいのか。徳之島の人は徳之島でなければ沖縄でも北海道でもいいのか。そもそも、米軍が日本国内に基地を持つ必要はないのか、あるのか。自衛隊が基地を持つ必要もないのか、あるのか。どこまで国民は考えているのだろう。
国家は住民自治を平気で無視して踏みにじってはならない。一方で、国民に降りかかるかもしれない危機に備える国防もまた、国家の役割として無視できない。北朝鮮の拉致や核開発、中国軍の動向に日本人は神経質に反応しながら、米国の核の傘の下で唯一の被爆国だと喧伝して平和主義を唱えている。
基地がいらないと言ってもいい。そろそろ、日米安保や自衛隊の位置づけの根本的な見直しまで、踏み込んだ議論をしようではないか。基地はいらないが、米軍には守ってほしいと言うのでは、あまりに虫が良すぎる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2010

利便性という危険性

金融機関が、生体認証やインターネットを活用して書類や印鑑を省略する動きが広がっている。ネット専業のじぶん銀行では、本人確認書類を携帯電話のカメラで撮影して送れば、すぐに口座が開設できるらしい。
今までの形式的な紙文書のやり取りや誰でも買える印鑑の方が、安全で固執すべきだとは思えないとしても、省略する事によるリスクはないのだろうか。
だが、技術の進歩で安全性が高まったとしても、安易に利便性だけ追求する先にも落とし穴はある。匿名性の高いインターネットの普及により、爆弾の作り方の情報や差別的な言葉がネット上で垂れ流されている。携帯電話やATMの普及により、振り込め詐欺という新しい犯罪が生まれるとともに検挙も難しくしている。
利便性は、善意の市民だけでなく、悪意の市民にも同様に魅力的だ。善意の市民も、完璧な市民ではない。車の存在が交通事故や飲酒運転を発生させ、コンピューターの存在が人々のコミュニケーションを変質させた。
便利である事の全てが悪ではない。もう私達は自動車もコンピューターも捨てられない。
でも、一体、どこまで便利でなければいけないのか。その便利さは、そこに孕む危険を受け入れてまで追求する価値があるのか。便利さが即ち悪ではないとしても、不便さもまた悪ではないのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2010

日航に日本を思う

日本航空が経営破綻し、会社更生法の適用を申請した。
日航が日本という国家と重なって見える。一時は憧れの存在で右肩上がりの経済に救われて成長してきたが、傾き始めてからも希望的観測にしがみつき、反発を恐れて抜本的な改革を怠って需要に関係なく拡大してきた。日本経済新聞で紹介されていた経営学者、ジェームズ・コリンズが分析する企業が衰退する段階、「成功による驕り」「規律なき膨張」「リスクと危うさの否認」「ひたすら救世主にすがる」は、日本という国家の現状でもある。
格差の拡大が叫ばれ、少子高齢化と財政悪化は進むばかりなのに、国政の話題は小沢幹事長の政治資金問題ばかりだ。それを無視しろとは言わない。しかし、今、与野党が国会で議論すべき最重要事項は、今年度の補正予算と来年度の予算、そして、日本という国家の未来に向けての戦略だ。旧態依然の公共事業やバラマキによる景気対策、際限なき国債依存、増税論議の封印、それらは国家が衰退する段階ではないだろうか。
赤字路線の維持を民間企業の日航に単純に求めるのは無茶だ。税収が限られる借金まみれの国家にあらゆるサービスを求めるのも無理だ。
救世主は、いない。日本の政治を、経済を、立て直すのも息を止めるのも日本国民だ。私であり、貴方だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2009

公務員の給料

日本経済新聞の報道によれば、全国の自治体の1割で職員の平均年収が700万円を超えており、民間事業所の全国平均である486万円を下回っていたのは15市町村だけらしい。
公務員の給料が高すぎるというのは、以前から言われ続けている。そもそも公務員の給料の適切な金額とは幾らなのか。その背景にある公務員の給料を決める仕組みが適切なのかこそ議論すべきだ。
国家公務員の給料は人事院勧告で、地方公務員の給料は人事委員会勧告に基づいて決められる。この勧告は、民間の給与水準について毎年調査し、公務員の給与水準と比較して均衡させる事になっている。だが、毎度非難の的になるところからして、恐らく市民の目から見れば均衡していない。
だとすれば、市民感覚として許容できる給料を決める仕組みを模索しては、どうか。規模や平均年齢の差に関係なく民間事業所の全国平均に自動的に一致するものにするか。適切だと思う金額を住民が投票して決めるか。いっそ、公務員には最低賃金だけしか払わないようにするか。給料が低すぎれば優れた人材は集まりにくいが、高ければ必ず優れた人材が集まる訳でもないのは現状のとおりだ。
貴方に決定権があるとすれば、公務員の給料は、どう決めて幾ら払うか、考えてみてほしい。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 08, 2009

「金を借りろ」と微笑む美女

芸能人は様々な媒体で様々なものを宣伝する。CM、ポスター、テレビや雑誌でのちょっとしたコメントで、食品、衣服、家電や車を売り込む顔になる。その効果は大きく、時にその影響力が売上げを左右する。
商品の質よりもイメージに振り回される消費者の浅はかさも勿論問題だが、気になるのは当の顔として契約し、出演している芸能人の見識だ。児童労働によって安価を維持しているかもしれないもの、製造や廃棄の過程で著しく環境を破壊しているかもしれないもの、それらを厳密に考えたらフェアトレード商品くらいしか宣伝できなくなるので難しいかもしれない。仮に本人が疑問を持ったとしても、事務所の都合もあるかもしれない。
しかし、せめてこれだけは遠慮してほしいと思うものがある。消費者金融だ。いつからか、女性アイドルや女優がにこやかな笑顔を見せ、言い訳みたいに「計画性」を口にしつつ結局のところは「金を借りてでも消費しろ」と迫るCMが臆面もなく流される様になった。だが、消費者金融は企業が運転資金や開発資金を銀行等から借りるのとは違う。個人が欲しい物を我慢させず、借金してでも手に入れさせて利子を得る商売だ。
自分が好きな女優が消費者金融のCMに出てしまうとがっかりする。消費者金融が宣伝してもいい。やるならヤクザ俳優が出演して、取り立ての場面でも見せてほしい。それでは商売にならないだろうが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)